Architectが考える『高気密高断熱住宅=省エネルギー住宅』について初めにお話していきます!

魔法瓶の中って熱が逃げないので、一度暖めたり冷やしたりするとその温度を長く保ち続けますよね。住宅も同じ考え方です。隙間なく断熱をして熱を逃がさず、開口部も熱の逃げにくいサッシや玄関ドアを使う事で、魔法瓶の様な建物が完成すると言える。
   
次に・・気密ってなんだろう?   気密とは、「空気を密閉する」「気体を通さない」って事なのです。
住宅における『気密性』もほぼ同じ意味です。屋外の温度差は、家の中に影響しないように密閉し、遮断する。反対に、室内の熱を外に逃がさないよう閉じ込めてしまいましょう。
「高気密高断熱」にする限り、シッカリとした
換気計画も必要になります(24時間の換気設備)
Architectの家創り仕様は、北海道地区レベルの性能をクリアーした仕様です。
詳しい性能数値についてお知りになりたい方は、もっと詳しくをクリックしてみてください。
間取りによって数値は変わりますので、参考にしていただければと思います。

関連読みものページゎこちら・・